ネットワークビジネスとアフィリエイトの違いは?

difference

ネットワークビジネスとアフィリエイトは、
両方とも直接販売ではないという点は同じです。

紹介料という形でスポンサー企業からマージンを得る点も
同じです。

では、類似点と相違点はどのようなものでしょうか?

ディストリビューターとアフィリエイター

ネットワークビジネスの特徴は、問屋や卸を通さず、
メーカーから直接消費者に商品を流通させる仕組みにあります。

そして、その製品の流通量に応じた報酬を
ディストリビューターと呼ばれる参加者が得られるビジネスです。

一方のアフィリエイトは、 インターネットを使った広告ビジネスです。

スポンサー企業の製品やサービスを紹介して、
商品購入されると報酬が発生する仕組みとなります。

インターネット市場に限定した広告手法ですが、
その仕組みはネットワークビジネスと同じです。

企業側にとっては、実際に売上が出てから、
広告掲載者に売上に応じて成功報酬を
アフィリエイターと呼ばれる参加者に支払うため、、
極めて費用対効果の高い広告手法です。

紹介者に対して売上げに応じたマージンを支払うという仕組みは、
ネットワークビジネスとアフィリエイトの共通点と言えます。

ネットワークビジネスとアフィリエイトの報酬の違いは?

直接販売ではないという点、
売上げに応じたマージンを支払うという仕組みは、
ネットワークビジネスもアフィリエイト同じです。

では、その相違点は?

アフィリエイトの収入は、基本的には初回購入の一度限りです。

そのため、いくつものスポンサー企業と契約を結び、
多くの商品の広告を掲載する必要があります。

アフィリエイトをビジネスとして考えると、
常に新規開拓が必要となります。

新規開拓をしたら、その商品の広告するサイトを作らなくては
収入になりません。

常に新規開拓と、サイト作成の作業に追われる・・・
【労働収入】という報酬形態なのです。

それに対し、ネットワークビジネスの報酬は、
商品の購入が続く限り一生涯続きます。

扱う商品が消耗品が多いため
購入が続きストップされることも殆どありません。

この一生涯続く報酬が【権利収入】となるのです。

また、この【権利収入】は、子供や孫に相続できるシステムで、
代々【権利収入】を得ていく事も可能なのです。

この魅力的なネットワークビジネスですが、
口コミ勧誘や100人のリストアップなどが必要で
一般人には障壁が高いのも事実です。

この障壁を取り去り、誰もが在宅でビジネスを出来るのが
インターネットを使ったネットワークビジネスです。

インターネットMLM手法の伝説のメールセミナーは ↓

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ