ネットワークビジネスの時間管理術

time control

サラリーマンやフルタイムでお仕事をしている場合、
ネットワークビジネスに充てることのできる時間は限られています。

さらに家族がいる場合は、家族との時間も考えなければいけません。

本業、家事、育児と忙しい生活の中で、
どれだけの時間を捻出できるか?

時間管理のスキルが重要になってきます。

クリック ⇒ すきま時間を使って集客できる秘密の方法

MLMのための時間管理

ネットワークビジネスで結果を出している人は、
時間管理を徹底しています。

アメリカの政治家、外交官、著述家、物理学者、気象学者である
ベンジャミン・フランクリンの成功の理由は

徹底した時間管理によるものと言われています。

その重要な時間管理はどうされていますか?

私の場合について述べてみます。

出勤前の15分が決め手

朝の支度をする前の15分間は、
かなり重要な時間です。

本業も含めて、その日にするべきことのリストアップをして
そのために必要な書類や資料の再確認をします。

前日に準備をしていても、
朝のあわただしさで忘れてしまわないよう
重要なことは指差し確認をしています。

朝晩の通勤時間をビジネスに

都心への電車通勤ですが、
ラッシュアワーの時間帯を外れているので、
朝晩の通勤時間は貴重なビジネスタイムです。

電車の中で少しだけゲームをしたら、
後はビジネス書を読んだり、
タブレットで調べ物をしています。

資料となるサイトを見つけたら、
『Microsoft OneNote』 にコピペしています。

『Microsoft OneNote』はデジタルな
スクラップブックのようなソフトで、
OSや機器を問わないので使い勝手が優れています。

昼休みの30分をビジネスに

昼休みは、情報収集&メールチェックの時間。

記事を書くのに必要な下調べをしたり、
メールチェックに充てます。

呑み会や食事会は週1回に納める

極力効率を上げて本業をしていますが、
残業なしで定時に退社できることは殆どありません。

残業で遅くなると

「軽く飲みにいく?」
「ちょっと食べていかない?」

といったお誘いもあります。

しかしその種のお誘いは基本断ります!

自分に許すのは、週1回までとしています。

1回の呑み会や食事会で、最低3時間はかかります。

まったく呑み会や食事会のないのも
寂しすぎるので、
週1回、月に4~5回までは許容しています。

テレビは基本的に見ない

帰宅してからどのように過ごしていますか?

とりあえずテレビを付けるという人も多いでしょう。

私は帰宅後は、テレビは見ませんし、
ゲームも金曜の夜だけしかしません。

見ないで後悔するようなテレビ番組は
ないものと考えています。

睡眠時間の1時間をビジネスに

本気で取り組むのであれば、
睡眠時間はある程度削るべきでと思います。

もとから睡眠時間の短い生活ですので、
削るのは1時間が限界ですが・・・

就寝時間を1時間ずらして、
その時間をビジネスタイムにしています。

ここまでの取り組みで
誰でも3~4時間はビジネスタイムを捻出できるはずです。

毎日コツコツと3~4時間ビジネスに充てれば
その積み重ねがあなたを成功へ導いてくれるでしょう。

ネットワークビジネスは毎日の積み重ねが大切です。

休みの日にまとめてやろう!というスタイルはお勧めしません。

毎日ビジネスに取り組むということが
習慣化されるようにすることが成功への近道です。

何かを得るためには何かを犠牲にしなければならない、
と言いますが、

ネットワークビジネスの場合は、
収入を得るために時間管理することです。

成功のための時間管理は、
いずれあなたに大きな実りをもたらすことでしょう。

自宅で積み重ねのできるネットワークビジネスは ↓

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ