ネットワークビジネスで田舎暮らしをしよう!

countryside

田舎暮らしに憧れている方はたくさんいらっしゃいます。

私も田舎暮らしに憧れる一人です。

子供のころに見たドラマ「大草原の小さな家」。

その原作である小説を上梓したのが
主人公のローラ・インガルス・ワイルダーです。

開拓民の娘として生まれたローラ・インガルス・ワイルダーは
農夫として生きてきたかたわら
65歳で「大草原の小さな家」シリーズを上梓しました。

その生き方に憧れましたが、
普通の公務員の子供として生まれ育った私には、
夢に近づくすべがわからなかったのです。

田舎暮らしの経費はどれくらい?

住宅を確保しましょう。

田舎暮しなら地価は安いですから、
2~3万で借りることのできる一軒家が多くあります。

中には数千円の物件も・・・

都内でしたらワンルームで7~8万はしますから、
信じられないくらい安いですね。

食費や生活費を確保しましょう。

自給自足の場合、採れるのは野菜と果物くらいなので、
今現在の食費より野菜の分だけ安くなります。

もちろん野菜もタダでは作れません。

種や苗、最低限の肥料は必要です。

流通の便が良くないので、地元産のもの以外は
結構高いことを覚悟しておきましょう、

冷暖房費について
寒冷地の場合、都会暮らしでの冷暖房費より
かなり多くかかることを計算しておきましょう。

都会の集合住宅でしたら、上下左右に住宅があり、
直接外気の影響を受ける面積がとても小さいのです。

ところが一軒家の場合はそうはいきません。

小下左右も前後もすべて外気にさらされ
その影響をダイレクトに受けます。

いずれにしてもお金はかかります。

想定している以上にお金がかかると思った方が賢明です。

万一の場合の保障

これはどこで暮らしていてもそうなのですが、
万一の場合にも備えておく方が安心です。

※台風が来て折角育てた野菜が全滅。
※地震で家屋が壊れた。
※大寒波で自動車がスリップ事故で大破。

このような出来事がないとは言い切れまあせん。

そのようなことがあってもあわてないよう
心の準備はしておきましょう。

どうすれば田舎で生計が立てられるの?

田舎で憧れの半自給自足の暮らし。

陶芸やこだわりの料理もしたい!

でも、田舎ではなかなか新参者に就職先はありません。

そこから都会に通勤すると、
せっかくの田舎の家はただ寝るだけのものになってしまいます。

そこで私が選んだのは、ネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスなら、毎日通勤することもなく、
構築した組織やシステムが自動的に稼いでくれます。

「でも、田舎だと人口が少ないよ?」

「セミナー会場が遠くて第変じゃ?」

いえ、大丈夫です。

私が選んだのは、口コミをしない
インターネット集客のネットワークビジネスなんです。

その秘密をメールセミナーで公開中 ↓

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ