ネットワークビジネスの掛け持ちは成功するの?

scales

ネットワークビジネスを1社だけではなく
複数の会社を掛け持ちしている人がいるようです。

時給制のパートやアルバイトなどであれば、
掛け持ちすれば、労働時間の増えた分だけ収入は増えます。

ネットワークビジネスを掛け持ちしたら
それだけ収入が増えたり成功が近づくのでしょうか?

ネットービジネスを掛け持ちするのはなぜ?

一つ目は、現在のネットワークビジネスが上手く行っていないので、
もっと良いところを求めて掛け持ちするケースです。

アップやサイドラインとの関係、ビジネスへの取り組み方、
セミナーやミーティングの頻度、教育制度など
入ってみないとわからないと言うことも理由の一つでしょう。

二つ目は、新興のネットワークビジネスにチャンスと思って参加しても、
2~3年で倒産してしまう会社が少なくないための
保険的な意味合いでの掛け持ちするケースです。

三つ目は、複数の会社の製品を使いたいために
ディストリビューター登録するケースもあるようです。

掛け持ちした方が成功するの?

ネットワークビジネスの会社を掛け持ちし、
それぞれで成果を出して稼いでいる方もいらっしゃいます。

複数で良い成果を出せれば、大成功と言えるでしょう。

ところが大きなデメリットのあるのです。

ネットワークビジネスを掛け持ちをすることで、
双方にそれぞれのダウンが必要になります。

一つの会社でダウンを作るのも
なかなか大変なものがありますが、
それが掛け持つ会社の数だけ必要になるのです。

ネットワークビジネスは、ダウンを作り育て
その組織を拡大していくビジネスです。

掛け持ちするとどうしても力が分散してしまい
結局はどちらも中途半端になってしまいかねません。

一つの会社で頑張った方がいいの?

ネットワークビジネスを始めて一番大変なのが、
ダウンがある程度増えて組織が半自動化するまでの間です。

半自動化するようになれば、権利収入というものも
射程距離に入ってくるでしょう。

そうなるまでは、一つの会社=組織に集中する必要があります。

普通の人間はそんなに器用ではないので
複数の事柄に全力で集中することは難しいからです。

この頁に興味を持たれたということは、
現在のネットワークビジネスに
何かの行き詰まりを感じているのではありませんか?

説得力のあるセールストークが出来ない事ですか?

セミナーが多くて時間的にきつい事ですか?

友達から胡散くさい目で見られてしまった事ですか?

知り合いが少なくて100リストが作れない事ですか?

そんな悩みは、インターネット集客なら解決します。

毎月2000人以上が受けている、伝説の無料セミナーは ↓

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ