アムウェイの鍋で作ったブレイズは最高!

braise

アムウェイと言えば鍋。

一式十数万円のあの鍋、お値段も最強ですが
機能もどうやら最強です!

手に入れたのは20年前ですが、
壊れることなく今でも現役です。

実は私、アムウェイ・レシピを知りません。

何度かホームパーティに呼ばれたり、
知人のママに教えていただいたりしましたが、
基本レシピくらいしか知らないのです。

この鍋を使った丸元淑生先生のレシピをご紹介します。

ジャガイモとセロリのブレイズ

ブレイズとは蒸し煮のことで、
このレシピは一般の鍋ではうまく出来ません。

ステンレス多重構造鍋で作って下さい。

材料(2人前)

ジャガイモ:3個
セロリ:3茎
オリーブオイル:適量
塩:適量

作り方(2人前)

1. セロリの葉を除き、7~8㎝の長さに切る。
(除いたセロリの葉は決して捨ててはいけません。
洋風のスープ・煮物に香味を加えます。)

2. ジャガイモは皮をむいて、2つに切る。

3. 鍋に入れて、水を2~3mmの府川にはって、
オリーブオイルを注ぎ、ぱらぱらと塩をふる。

4. ふたをして弱~中火の加熱。

5.ジャガイモに竹串が通ったら出来上がり。
途中、水が亡くなったら水を足す。

出来上がったときに濃厚な汁が少し残っているのが理想。
出来上がったときに汁が多いと水っぽい。

ジャガイモに、セロリとオリーブオイルのうま味が移り、
何とも言えない素晴らしい味わいに!

セロリの代わりに、1/4株程度の白菜を使っても
甘みが出てこれもおいしい。

ジャガイモにほぼ火が通ってから、
白菜をその上にのせて加えて下さい。

白菜とヒラタケのブレイズ

市販のシメジのほとんどは人工栽培されたヒラタケですが、
天然に近いカサの大きなものがヒラタケとして出回っています。

この素晴らしく香りのよいヒラタケを使います。

材料(2人前)

白菜:1/4~3/4個
ヒラタケ:1~2パック
オリーブオイル:適量
塩:適量

作り方(2人前)

1. ヒラタケを適宜に切り分け、ボウルに取り
 塩を振って混ぜる。

2. ヒラタケを鍋に入れ、オリーブオイルを加えて
 ふたをし弱火で加熱する。

3. 白菜を適宜に切り、ボウルに取って塩を振り
 混ぜ合わせておく。

4. ヒラタケから水か出て少し小さくなったところで
 強火にして白菜を入れ、ふたをして弱火に戻す。

5. 1~2度野菜の上下を返し、白菜に浅く火が通ったら
 出来上がり。

水を加えずに野菜を加熱するのが、この料理のポイント。
味が薄まらない為、野菜自体の香味が堪能できる。

白菜から出てくる甘さは、調味料では出せない甘さで、、
何とも言えない素晴らしい味わいに!

2つのレシピとも、化学調味料や添加物を使わない
野菜本来の美味しさを味わうものです。

春の香りや秋の香りを堪能したら、
今日もビジネスを頑張りましょう!

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ