ネットワークビジネスで稼ぐのは悪いことなの?

money
「ねずみ講みたい」

「怪しい」

「友人を金づるにしている」

など、ネットワークビジネスに対して
さまざまな批判的な意見が聞かれます。

皆さんの中にも、厳しく糾弾された経験があったり、、
友人にビジネスを紹介するのは気が引けたりする人も
多いのではないでしょうか?

果たしてネットワークビジネスで収入を得ることは
悪いことなのでしょうか?

1. ねずみ講と同じだと思われている

マルチ商法(ネットワークビジネス)とねずみ講は、
法律上は明確に分かれていますが、
一般の人にとってその違いが良くわかりません。

その為に、勧誘された時点で
「ねずみ講じゃないの??」
と警戒されることになってしまいがちです。

2. 多くの商品在庫をかかえて、失敗してしまうケースが多い

報酬システムに無理があること。
ダウン獲得数のノルマがあったり、
商品の買い込みが必要だったり・・・

タイトル保持のために多額の借金をして
あわや破産!という方もいらっしゃいます。

3. 商品自体が怪しい

一般ユーザーにとっては高額と感じる商品もあり
その効果や効能の説明が
理にかなっていないこともあります。

4. クチコミ販売のため、押し売りと受け取られてしまう

ほとんどのネットワークビジネスは、
クチコミが基本ですので、いらない人にも無理に話したり、
押しつけるように売ったりしないと、
なかなか稼げるようにならないという現実があります。

果たしてこれは真実を表しているのでしょうか?

本来ネットワークビジネスとは、
店舗を構えても集客効率の良くない地方の企業が、
より効率の良い方法として口コミ販売が発展したと
言われています。

自分が使用して良いと思ったものを
友人・知人にお奨めするという方式は
情報の少ない時代に良いものに巡り合うためには、
とても重要で効果的な方法だったのではないでしょうか?

現代は情報にあふれていて
誰でもどこでもネットや報道で
商品の評判や知識を得ることが出来ます。

ところが実のところ情報が多すぎて、
「どれを選べばよいかわからない!」
「すべて良さそうに見えて絞り込めない!」
などと思われることも多いのではないでしょうか?

自分のことを良く知っている方に
正しい選択と推薦をしていただけることは
とても嬉しい事でだと思います。

口コミしていただいて感謝しています

私は以前、ひどい咳喘息で苦しんでいたことがあります。
病院をいくつも渡り歩きましたが、
それでも咳で眠れない夜が続き、
とても苦しんでいました。

それを見かねた知人が、
自然療法の健康食品を紹介して下さったのです。

何種類もの医薬品で治まらなかった咳は
その健康食品はぐっすり眠れる夜を
私に与えてくれたのです。

今では身の回りの方の咳の悩みに
迷うことなくその健康食品をお奨めしています。

そういう血の通った、
友人・知人のためにお奨めすることが
本来のネットワークビジネスなのだと
思っています。

残念な事に、
一部の会社やディストリビューターによる
強引な販売や、洗脳的な勧誘が行われているのが
現状です。

そのため、口コミの紹介は
とても勇気のいるものと
なってしまっているのも事実です。

そんな私が選んだのは、
口コミしないネット集客の
ネットワークビジネスです。

インターネットがあなたの口コミの代わりに集客します!

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ