ネットワークビジネスと一般の流通の仕組み

sale

商品が消費者(一般ユーザー)の手元に届くには、いくつかの方法があります。

1. 店舗での小売り販売

メーカーが発注し製造会社が製品を製造します。
またはメーカーが自社で製品を製造する企業もあります。
製造された製品は卸業者を経由して販売店に卸されます。
卸された製品は店舗に並び消費者の手元へ届きます。

他に、メーカーからダイレクトに販売店へ卸されたり、
中間卸業者が2段階に入ることもあります。

また、メーカーが直営店を経営している場合もあります。

何段階も経由して店舗に届く場合は、それぞれマージンがかかりますので
原価率(販売価格に対する製造原価の割合)が低くなります。

この他に広告などの販売促進による経費も、販売価格に計上されます。

2. 通信販売

メーカーが発注し製造会社が製品を製造します。
またはメーカーが自社で製品を製造する企業もあります。
製造された製品は卸業者を経由して通信販売業者に卸され
店頭には並ばず紙面やWEB上などで販売され 消費者の手元へ届きます。

また、メーカーがダイレクトに通信販売をしている場合もあります。

小売に比べて、販売経費はかなり軽減されますが、
ある程度のマージンはかかります。

この他に広告などの販売促進による経費も、販売価格に計上されます。

3. 訪問販売

メーカーが発注し製造会社が製品を製造します。
またはメーカーが自社で製品を製造する企業もあります。
製造された製品は卸業者を経由して訪問販売業者に卸され
店頭には並ばず電話や訪問によって販売され、消費者の手元へ届きます。

また、メーカーがダイレクトに訪問販売をしている場合もあります。

小売に比べて、販売経費はかなり軽減されますが、
通信販売よりはマージンはかかります。

この他に広告などの販売促進による経費も、販売価格に計上されます。

4. ネットワークビジネス(MLM)

メーカーが発注し製造会社が製品を製造します。
またはメーカーが自社で製品を製造する企業もあります。
製造された製品は 会員(消費者)の紹介を経て消費者の手元へ届きます。

流通としてはメーカーの直売と同じように、
もっとも経費を低く抑えることが出来る販売方法と言えます。

また、基本的には口コミで紹介していく販売方法ですので
会員の口コミ・紹介が広告の役目を担います。
したがって、高品質な製品を廉価で買うことが出来る方式でもあります。

ネットワークビジネスの会社としては
広告費や営業マン・販売員の人件費・店舗や事務所費を節約することが出来、
その分製品開発費に費用を投入できるというメリットがあります。

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ