ネットワークビジネスのABCって何?

business (1)

ネットワークビジネスで良く使われる勧誘方法に
ABCの法則という方法があります。

ABCは、一般に初歩・入門・いろは等を指しますが
この場合は違う意味合いとなります。

ネットワークビジネスで耳にするABCの意味は?

ABCとは、自分に伝えたい人がいても上手く話せない場合に
アップラインなどに応援を頼み、
自分の代わりに話してもらい、
ダウンさんを勧誘する仕組みです。

Adviserの事で、
説明する役の人、自分に代わって説明する紹介者やアップのことです。
Bridgeの事で、
橋渡しとして見込み客を連れていくあなた自身のことです。
Customerの事で、
会員になってもらいたい見込み客のことです。

ネットワークビジネス初心者は上手に伝えられないので
Bさんの紹介者(Cさん)にAさんが説明する。

という仕組みです。

CさんはBさんからたどたどしく説明されるより
成功者然としたAさんから説明された方が
説得力がるため参加してくれる可能性が高くなります。

また、BさんはAさんの説明方法を実地で学ぶことが出来、
Aさんの能力に近づいていくということになります。

これは教育もしながら成果もあげることのできる
ネットワークビジネスの基本の勧誘方法です。

ABCが上手くできる人とできない人

Bであるネットワークビジネス初心者は、
友人・知人からCさんになってくれる人を
探して来なくてはなりません。

そして「ティーアップ」という、
これから会うAさんがどんなに素晴らしい人かを
根回ししておく必要があります。

そうしておくことで
CさんがAさんに期待感を抱き
Aさんの話を聞いてもらいやすくなるのです。

さて、ここが分かれ目となります。

Cさんとなる人を見つけてこなければ
話が一歩も進みません。

説明能力や話術などより、
単にリストが多いか少ないかが
分かれ目となってしまうのです。

100人のリストアップなんて無理!

もし、100人の見込み客をリストアップする課題が出たら
あなたはリストを作るkとが出来ますか?

小学校の同級生や、子供の時のお隣さんなど
思いつく限りのリストを作っても
なかなか100人にはならないでしょう・・・

さぁ、困りましたね。

どうすれば人脈が出来るのでしょう?

人脈がないなら、作れば良いのです!!

※異業種交流会に参加する

※起業セミナーなど独立のためのセミナーに参加する

※アフィリエイトやせどりなどのセミナーに参加する

こういった被雇用者から脱出したい人の集まる
セミナーに参加することが、
もっとも効率的なのではないでしょうか?

ところが、残念な事に
最近のこういったセミナーは
ネットワークビジネスの勧誘を禁止することが
多くなってきました。

でも、まだあるんです。

新たな人脈を作る方法が!

インターネット集客を使えば
興味を持った方が自分からやってきてくれるんです!!

口コミ勧誘なしでで、インターネットでダウンを獲得する方法は ↓

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ