ネットワークビジネスで在庫を抱えないためには?

stock

誰でも少しの資本で始めることが出来る
ネットワークビジネスですが、

「借金と商品の山だけが残った」

「在庫を転売して、赤字になった」

などという失敗談が多いのも事実です。

ではなぜ、在庫を抱えてしまうのでしょうか?

在庫を抱えてしまうのは、販売方法?

ネットワークビジネスは、より多くの方に
製品の良さを伝え 購入して頂くビジネスです。

その販売方法は、大きく2つに別れます。

ひとつは、紹介型と呼ばれる形です。

あなたは商品を販売するのではなく
商品の買い方を紹介し、
購入者が自分で会社から購入する方法です。

もうひとつが、あなたが会社から購入した商品を
購入者に買ってもらう小売方法です。

この場合はあなたの立場は、卸業者となります。

販売型プランの場合

販売型プランで在庫を抱えるトラブルが起きるのは、
過剰仕入れによるものが殆どです。

卸をするからには、仕入れが付き物です。

仕入れがあれば、数量による割引などがあります。

そのため、仕入れ単価を易くしたいがため
自分の販売能力を超えた仕入れをしてしまうのです。

この場合でしたら、しばらくは過剰在庫を抱えて
厳しい状態が続きますが
時間が解決してくれることも望めます。

非販売方型プランの場合

非販売型プランの場合は、
卸売りをしないので在庫はなさそうですよね。

ところが、タイトル獲得や保持の為の
ポイント稼ぎとしての大量買い込みがあるのです。

自分には必要のないものも含まれたパックの購入など、
売る当てもないのに、報酬のために買わなくてはならない・・・

アップラインからの指示で、タイトル確保のために
無謀な購入を強要されたりすることがあるようです。

この場合は、小売の出来ない業態ですので
在庫消化が出来ず大きな負担となってしまうのです。

そして、ネットオークションへ

消化できない在庫を抱えたら、
何とかして金銭に変えるしかありませんよね。

ネットオークションサイトを検索すると
在庫を抱えたディストリビューターの投売りが
とても多いのがわかります。

ビジネスをスタートする時には

「素晴らしい商品だから始めた」
「この素晴らしい商品を紹介したい」

という熱い気持ちがあったと思います。

そのだいじな商品を投売りするなんて
悲しいことですよね。

被害者にならないためには きちんと見極める必要があります。

タイトル確保・報酬率アップのための買い込みは
本来のネットワークビジネスの姿ではありません。

こんなボーナスプランを採用している会社は選ばない方が得策です。

無理な買い込みはしないよう、注意してビジネスをしましょう。

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ