ネットワークビジネスで親の反対にあったら?

aparent

ネットワークビジネスをやっていると
親の反対にあったという人がいるようです。

そんな仕事は認めない。

縁を切るとまで言われるケースがあるようです。

どうせ反対されるのだから、親に話す必要はない。

内緒にしておけばいいという方もいらっしゃいます。

ところが、若者を教育することで有名な
某MLMのトップリーダーのH氏はそうは言いません。

親が反対するんです

ネットワークビジネスを始めたわが子を見て
おそらくほとんどの親が心配することと思います。

巷で聞くネットワークビジネスの評判が
悪すぎるのです。

「夢みたいなことを言っているけど
だいじょうぶだろうか?」

「このところ帰宅が夜中だけど、
何をしているんだろうか?」

「毎週末セミナーとやらに出かけているけど
何を習っているのだろう?」

そして、「会社を辞めたい」
などと言おうものなら大騒ぎになります。

親は、子供が将来安心なように

洋服代や飲み代やぜいたく品などを控えて
教育費用に充ててきたのですから

反対するのも無理はありません。

そうして困った若者が、アップラインに
「親がネットワークビジネスに反対なんです・
と相談するのです。

親に反対されたらどうすればいいの?

そういう若者に対するH氏の指導は
素晴らしいものがあります。

「親に感謝しているか?」
「生んでくれてありがとうと伝えなさい」

そのように指導しています。

「家事は手伝っているか?」
「きちんと挨拶はしているか?」
「家に生活費を入れているか?」

このように若手にお話しされています。

子供が人として当たり前のことがきちんと
できていないのに、親が変わる理由がありません。

先ず自分が変わりなさい。

朝はきちんと起きる。
親に挨拶する。
家事は手伝う。
家に生活費を入れる。
親に感謝する。

これがきちんとできれば、
親もネットワークビジネスが
子供を良い方に変えてくれたと思うでしょう。

そうすればビジネスも理解してくれるだろうし
薦めるサプリも飲んでくれるでしょう。

親に変化を求めるのではなくて、
ます自分がちゃんとした人になりなさい。

素晴らしい指導ですよね。

初めて聞いたときは、ちょっと涙が出そうになりました。

ビジネスを教えながら、
若者を育てているという評判は
正しいものでした。

H氏の指導はもっともな事です。

人を変えるには、先ず自分を変えるべきです。

人に好かれたいなら、先ず自分から好きになるべきです。

でも、親に反対されにくいやり方もあります。

インターネットで集客すれば、
毎週末のセミナーも、
リストへの電話も必要ありません。

誰にも知られずにインターネットで集客できる方法は ↓

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ