権利収入と労働収入の違いは?

rich

ビジネスのお話をする時に良く言われるのが、
権利収入と労働収入についてです。

一体権利収入と労働収入の違いは何でしょう。

労働収入とは?

労働収入とは、どのようなものを指すのでしょう。

労働収入とは労働対価収入とも言い、
自分が働いた労力に対して収入がもらえる仕組みです。

代表的なものが、サラリーマンや自営業者の収入形態のです。

例えば、毎日朝9時~17時まで週5日働き月末に給料をもらう。

または、毎日朝9時~17時まで週5日働き利益分を収入とする。

もっとお金が欲しければ残業をしたり、
仕事後アルバイトなどの副業をして稼ぐ。

時間をお金に変えているということです。

いわゆる士業はどうなの?

難易度の高い資格を持っている士業と呼ばれる人は
どうなのでしょう。

弁護士・司法書士・行政書士・弁理士・医師・薬剤師など。

殆どがその資格を活かした高額収入を得る
いわゆる憧れの職業といわれる職種です。

これらの士業も、労働収入であることに違いはありません。

一般の給与所得者との違いは、
高額収入を得られる方が多いため
老後の資金を貯めやすくリタイアがしやすい
と言うことでしょう。

権利収入とは?

権利収入とは、どのようなものを指すのでしょう。

権利収入または不労所得とも言い、
不動産や印税、株主など、収入の仕組みさえ作ってしまえば、
後は何もしなくても自動的に収入を得られる収入形態のことです。

不動産で言えば、マンションを購入し入居者がいれば、
後は自分は何もしなくても毎月入居者の家賃が
自分の給料となります。

作家がベストセラーを上梓すれば、
後はその印税収入が毎月入ります。

権利収入は収入の仕組みを作ることで
働かずとも収入が得られるということです。

それぞれのメリット、デメリットは?

何となく、「権利収入っていいね!」
と思われたかも知れません。

デモ権利収入と労働収入にはそれぞれ
メリット・デメリットがあります。

労働収入のメリットは
すぐに収入が得られることです。

そこ可児就職すれば、
働き出した月から収入が得られます。

バイトによっては日払い・週払いのところもあります。

労働収入のデメリットは、
病気で入院したときやリストラされた時に
収入がなくなってしまうということです。

労働に対してお金をもらっているので、
労働しなくなったら収入がなくなってしまうのです。

権利収入のメリットは
一度収入の仕組みを作ってしまえば、
病気になっても収入が得られることです。

世界中を旅行していていても
毎月収入が得られるのです。

権利収入のデメリットは、
仕組みを作るまでに時間とお金がかかることです。

不動産にしても、株にしてもまずは資金が必要になってきます。

また仕組みを作るまでは収入が少なくなってしまいます。

権利収入と労働収入の違いを見てみて
どちらがいいと思いましたか?

権利収入が欲しいと思っても資金がないと思いますよね。

権利収入を得るには、

・高入居率の不動産の購入
・勝ち組企業の株を購入する
・ヒット曲を作詞・作曲する
・ベストセラー作家になる

など一般的にはなかなか難しいものですよね。

でもそんな権利収入を一般の方でも手に入れる方法があります。

それはネットワークビジネスです。

ネットワークビジネスは少ない資金から始められ、
また難しい知識も必要ではありません。

頑張れば年収1000万円だって夢じゃありません。

ネットワークビジネスについて、

「友達を強引に勧誘したりしないといけない」

「宗教みたいなセミナーに行かないといけない」

と思われる方が多いかも知れません。

私口コミや勧誘・セミナーがない
ネットワークビジネスもあるんです。

口コミ勧誘がないので友達を誘うこともありません。

セミナーもないので完全在宅で作業が出来ます。

そんなネットワークビジネスで権利収入をめざしませんか?

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ