ネットワークビジネスに興味のある人だけ勧誘する方法

Trouble

ネットワークビジネスに参入して最も苦労されている事は、
特有の口コミの勧誘方法ではないでしょうか?

勧誘以前の段階としては、人脈つくりという課題があります。

良く言われる「100人のリストアップ」

これが出来なくて頭を抱える方、
打ちのめされる方もいらっしゃる事でしょう。

そんな方はこちらをご覧ください

ネットワークビジネスと言いにくい

ネットワークビジネスの評判が、
決して良いわけではないことはご存知と思います。

そして悪い評判を気にするあまり、
「ちょっと面白いビジネスがあるんだけど」などと

「ネットワークビジネスの勧誘」
であることを隠して誘いがちです。

でも、気を解けましょう。

これは「特定商取引法」違反の「違法行為」になります。

きちんと目的を告げてセミナーなどに誘わなければ、
コンプライアンス違反になってしまいます。

最近ではナチュラリープラスが
ディストリビューターのコンプライアンス違反のため
勧誘活動などを自粛しました。

7年前にはニューウエイズが3カ月間の業務停止となりました。

ディストリビューターのひとりの行いが、
全体に影響を与えてこのような残念な結果となることもあります。

ついついしつこく勧誘してしまう

少ない人脈で成功するためには
より多くの人に入会していたなければなりません。

ですが、すぐに「やってみたい」「詳しく教えて」
などと答えていただけるわけではありません。

それでも何とか入会して欲しいため
繰り返し繰り返し、勧誘してしまいがちです。

相手が求めていないのに「強引にしつこく」
勧誘を続けた場合は「違法行為」
となる場合がありますので注意ください。

そしてそのしつこい強引な勧誘は、
「あいつはおかしい」「変なな勧誘をしてくる」
などと噂され、友達が減っていく事になりがちです。

興味のある人が寄ってきてくれれば・・・

口コミで苦戦していると、
「興味のある人が寄ってきてくれれば」
などと思いますよね。

そうすれば、しつこく説明しなくても
途方に暮れて同窓会名簿を眺めなくても良くなります。

実は、口コミ勧誘をしなくても、
ネットワークビジネスに興味がある人だけを
集客することは可能なのです。

インターネットを使った集客なら、それが出来るのです。

誰にでも始められるインターネットのMLM。

その方法は、↓ の無料メールセミナーで公開しています。

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ