ネットワークビジネスの収支って実際どうなの?

balance

ネットワークビジネスの収支が、実際どうなのかとても気になりますよね?

タイトルごとの平均年収などは開示している会社もありますので、
調べれば把握は出来ます。

その収入に対して、支出はどれくらいなのでしょうか?

1. 実際の収入と経費は?

現在、熱心にネットワークビジネス活動をしている知人がいます。

数年前から某社のディストリビューターとして
活動していると聞いています。

知人のランクは、成功者と言えるランクの2段手前で、
某社の全ディストリビューターのおよそ2.1%がそのランク保持者です。

ちなみに、知人より下のランクの方は、全ディストリビューターの96%に当たります。

知人のランクのボーナスは、およそ月当たり28万円弱になります。

これには製品販売(自己消費も含む)が含まれていませんので、
数万円がこれに加算される形となります。

では、その経費はどれくらいになるのでしょうか?

※ セミナー経費

毎週、3回以上はのセミナーには参加されています。

その際には、必ずダウンか見込み客を数人お連れしています。

ダウンの場合はあまりありませんが、
見込み客の場合はドタキャンがかなりあります。

もちろんドタキャンの合った場合のセミナー料金は
知人の負担になります。

また、セミナー会場への交通費、アフターと称する打合せのお茶代
事前の打ち合わせを兼ねた食事代が別途かかります。

セミナー1回での出費は、5000円はかかると思いますので、
週当たり1万5000円、ひと月6万円程度になるかと思います。

※ 見込み客へのアプローチ

月に数回は、遠方の見込み客へ会いに行かれています。

その交通費は、往復で2万円、新幹線でしたら往復3万円くらいになります。

月に3回遠方へ行かれた場合交通費とお茶代などで、
8万円程度はかかることになります。

近場の見込み客へのアプローチでしたら、
交通費・お茶代を含めて1回当たり2500円くらいでしょうか?

近場の方に週3回アプローチすると、ひと月の経費は3万円くらいになります。

※ダウンフォロー

知人のタイトルクラスでしたら、
かなりダウンフォローが必要と聞いています。

直ダウンのほか孫ダウンやひ孫ダウンにもフォローが必要な場合もあります。

遠方のダウンフォローに出かけると、1回2万円はかかります。

近場のダウンフォロー場合は、1回2500円はかかります。

月1回の遠方のダウンフォローと、月6回の近場のダウンフォローをした場合、
ひと月の経費は3万5000円くらいになります。

2. 実際の収支は?

上記をざっとまとめてみます。

月当たりのボーナスと製品販売ボーナスで、およそ
33万円程度の収入となります。

その支出は
セミナー関連の経費が、月6万円。

遠方の見込みへのアプローチに、月8万円、
近場の見込みへのアプローチに、月3万円。

遠方のダウンフォローに、月2万円、
遠方のダウンフォローに、月1万5000円。

支出の合計は、20万5000円となります。

差引の収入は、ひと月およそ12万5000円となります

副業でしたらこの収入で良いでしょう。

ところが、ビジネス活動で月34回外出している計算になります。

これは正直副業ではかなりきついと言わざるを得ません。

知人の場合は、会社を経営していて比較的時間の自由がきくので
ほぼ専業といえる活動が出来るのです。

では、専業がある私たちの場合、
ネットワークビジネスは無理なのでしょうか?

確かに従来の口コミのネットワークビジネスでは
かなりの茨の道かも知れません。

口コミのいらないネットワークビジネスなら、
自宅に居ながら活動できます!

インターネットがあなたの代わりに集客してくれるのです。

口コミのいらないネットワークビジネスの情報は ↓

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ