モリンダのノニの注目成分イリドイド

iridoid

ノニジュースで評判のモリンダ社ですが、
なぜ似にジュースの評判が良いのか調べてみました。

どうやら、ノニに含まれる「イリドイド」が
その効能を高めているようです。

ノニに含まれる注目成分イリドイド

ノニに含まれる成分の中で、
注目されている成分は「イリドイド」です。

イリドイドとは、主に薬用植物に含まれる成分の1つです。

イリドイドは一般的な食用植物にはほとんど含まれていないため、
手軽に摂取することはできません。

抽出・合成など人工的に手を加えて操作した
イリドイドではなく、自然に存在する状態で、
なおかつ定量化されたイリドイドを入手することは
至難の業とのことです。

自らを「守る」成分

植物は、虫に食べられないよう自らを防御するために
イリドイドを分泌します。

食べら れてしまった場合でも、それを修復するのに
この成分が役立っているといわれています。

生息地が固定され、移動のできない植物にとって
光合成をするための葉を大きく食べられてしまっては
種の保存が出来ません。

その為に、食べられないような物質を分泌するのです。

イリドイドには、よく知られるポリフェノール以上に、
人間の体を 整える働きがあることがわかってきています。

ノニには、果実に19 種類、葉には10 種類のイリドイドが
確認されています。

壊れない「強さ」

植物栄養素は熱や光に弱く、時間が経つと
壊れてなくなってしまうものがほとんどです。

ところが、イリドイドは「イリドイド配糖体」という
特殊な形で製品に含まれているため、比較的安定しています。

この成分が安定していることはとても重要です。

せっかく有用な成分が多く含まれていても
抽出や保存している間に壊れてしまっては
商品として難しくなってしまいます。

安定していれば、いつでもその有用成分を
利用することが出来ますよね!

イリドイドの効能

イリドイドには心臓血管、抗肝毒性、利胆、低血糖、鎮痛、
抗炎症、抗変異原性、鎮痙、抗腫瘍、抗ウイルス、免疫調節、
および下剤などの広範囲にわたる生理活性がある。
wikipediaより抜粋

愛用者の知人は、

偏った食生活のためか
毎月頚部エコーで血管や血流の検査をしている人で、
「ノニジュースを摂ると検査値が改善する」と
喜んでいます。

もう一人は、もともとあまり丈夫でない方で、
諸事情がありダブルワークをしているのですが、
いつ倒れるかわからない身体を
ノニジュースが支えていると頼りにしています。

こういう効果があるのも納得できますね。

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ