アシュラン化粧品の口コミは?

cosmetics

アシュランの化粧品は。敏感肌や荒れやすい肌などに
劇的に良く効くいう評価が高いようです。

そのあまりの効果に、ネット上では
ステロイドが入っているのではないか?
などと噂になっています。

その真相はどうなのでしょう。

ステロイドとは?

ここでいうステロイドとは、ステロイドホルモンのことを指しています。

ステロイドホルモンは、大部分が副腎皮質から分泌されます。

副腎皮質ホルモンは、炎症の制御、炭水化物の代謝、タンパク質の異化、
血液の電解質のレベル、免疫反応など広範囲の生理学系にかかわっています。

ステロイド薬は、強力な抗炎症作用/免疫抑制作用/抗アレルギー作用を持っています。

このため、炎症や免疫の異常により引き起こされるさまざまな疾患
(腎臓病/膠原病/アレルギー疾患など)に対し、
強力で確実な治療法として使用されています。

一方、ステロイド薬は、治療効果が高い反面、副作用の多い薬剤でもあり、
副作用の発生を予防し、最大限の治療効果をあげるように、
主治医とよく相談して使用する必要があります。

ステロイド剤の副作用には、生命や生活に重大な影響を与える重い副作用と
比較的軽い副作用があります。

ステロイドって怖いの?

たいへん強力な作用をもつ薬剤であることは確かです。

そのために、さまざまな症状の改善に用いられます。

アトピー性皮膚炎の治療に使われるのでご存知の方も多いと思います。

たいへん劇的な効果を得られることが多い為、
群発頭痛や膠原病などの治療にパルス療法という形で使われます。

私の同僚に、群発頭痛に悩まされている方がいました。

そして、ある時、ステロイドのパルス療法を受けました。

ムーンフェイスになったり、
離脱期間の身の置き所のないだるさで
本当に辛そうでした。

ですが、群発頭痛は驚くほど良くなったのです。

ステロイドは体内でも作られているホルモンですから、
使い方さえ間違えなければ怖いものではないと思います。

アシュラン化粧品に使われているの?

アシュラン化粧品に使われている成分に、
グリチルリチン酸二カリウムがあります。

これは、漢方薬の甘草に含まれる成分で、
慢性肝炎、抗アレルギー薬、風邪薬などに使われています。

このグリチルリチン酸二カリウムには、
ステロイド様作用があると言われていますがステロイドではありません。

化粧品に配合すれば、お肌の症状を抑え込む作用が期待されています。

この成分がアシュラン化粧品の劇的な効果を助けているのかも知れません。

このステロイドとグリチルリチン酸二カリウムの関係は、
女性ホルモンとイソフラボンの関係に似ているのではないでしょうか?

医薬品の場合は作用が強いため、医師の診断のもとに使われます。

ですが、天然のものに含まれるものでしたら
作用も副作用もそう強くないと思っても
良いのではないかと個人的に小見っています。

結論:アシュラン化粧品にステロイドが入っているというのは
ただの噂のようですね!

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ