アムウェイの鍋でおいしいご飯

Rice

アムウェイは、化粧品、栄養補給食品、浄水器、空気清浄機、調理器具、
調理家電、洗剤、食品などの日用品・消耗品を取り扱っています。

その中でも評判が良く女性たちに支持されているのが、ステンレス多重構造鍋です。

アムウェイの鍋の評判がすごい

使用者の利便性を考えて、用途により構造を変えていること、

使いこなすにはコツの必要なステンレス多重構造鍋の使い方を
豊富なレシピやホームパーティで教えていること、

高額商品を売って、アフターケアのないことが多いなか、
きちんと使いこなせるようにしていただけるのは

家族の食事を支える主婦でなくても嬉しいですよね!

クリック ⇒ 口コミなしでメリットを伝えやすい秘密の方法

お鍋でご飯が炊けない?

東日本大震災の時、とても気になったことがありました。

避難所で、お米や水やカセットボンベが支給されても、
「炊飯器がないからご飯が炊けない」という声が多かったことです。

思わず目を疑いました。

全国無洗米協会の調査の2013年の、
20代~50代各100人=計400人に対する調査によると、

「自動炊飯器ではなく、鍋とカセットコンロでご飯を炊くことができますか」
という質問に対して、」「はい」と答えた人は50代で33%、
年齢とともに少なくなり、20代ではわずか12%でした。

これでは災害時にご飯を炊くことは相当難しいと思われます。

私の世代でしたら、ガールスカウトや学校のキャンプ活動などで
飯ごう炊さんは経験していると思うのですが・・・

緊急時のためにもお鍋でご飯を炊けるようになりましょう!

ご飯をお鍋で炊くメリット

1. 緊急時に自分でご飯を炊くことが出来る

災害で電気が止まった時、水とカセットコンロさえあれば
いつでもあたたかいご飯を食べることが出来ます。

災害で不安なときでも、あたたかいご飯のおいししょうな香りや
炊き立てのご飯をほおばることのできる安心感は
何ごとにも代えがたいものだと思います。

2. 時間が短縮できる

あなたの電気炊飯器、炊き上がるまでどれくらい時間がかかりますか?

2合炊いた場合、40分~60分程度でしょうか?

ステンレス多重構造鍋を使えば、
2合でしたら15分もあれば炊き上がります。

忙しい朝や、残業の後などにすぐ炊き上がるのは
とても助かりますよね。

3. おこげが出来る

これは個人的な好みになりますが、おこげの部分っておいしいですよね。

ついつい、おこげは自分のお茶碗に取り分けたりしてしまいます。

アムウェイのお鍋でご飯を炊く

まずはお米をとぎ、ザルにあげて30分おいておきます。

お米は浸水するのではなく、ザルにあげておいたほうがいいそうです。

入れる水の量は米の1~2割増し。
つまり2合だったら360cc(1合180cc×2合)×1.1~1.2=396CC~432CC

フタをして、沸騰するまでは中火、沸騰したら弱火で約10分。

グツグツいう音が小さくなり、
かすかにチリチリという音がしたら火を止めます。

これで炊き上がり。

出来れば、フタをしたまま10分蒸らしましょう!

緊急時の裏ワザ、『お湯炊き』

お米を研ぎ忘れて寝てしまった朝や、
残業でへとへとになって帰宅したときなど

大急ぎでご飯を炊きたい時ってありますよね。

そんな時の裏ワザが、『お湯炊き』です。

お米を研いだら、分量より少なめの沸騰したお湯を入れて火にかけるだけです。

浸水なしでも大丈夫な上、沸騰するまでの時間が短縮できます。

パラッとした炊き上がりでおいしいですよ!

ページリンク用

この記事を見たかたはこちらもご覧になっています

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ